沈んだ叡智の塔

のんびり過ごしてます

【幻想再帰のアリュージョニスト】第1章 隻腕義手のスワンプマン の感想

幻想再帰のアリュージョニスト

作者 : 最近

ジャンル: ファンタジー

状況 : 連載中 88 回

作品ページ : http://ncode.syosetu.com/n9073ca/

作者ページ : http://mypage.syosetu.com/227614/

幻想再帰のアリュージョニストを推している方がいたので読んでみました。

なんでも、「円環少女ブラックロッドが好きなら超面白いともっぱらの評判だよ!」とのことなんので、嗜好が合ってた為です。この一文が無ければ読んでなかったですね。

さてこの小説は、小説家になろうという投稿型小説サイトの中で連載中の作品です。異世界ものや俺tueeeeeeeeeな作品がある印象なんですが劣等生が書籍化した時に買ってたぐらいなのでサイトで読むのは初めてでした。

第1章 隻腕義手のスワンプマン

開始早々腕を無くしてしまいましたね。あの人狼は結局なんで腕だけ食べてたんだろう。

世界観の説明、異世界への転生が保険量になる。保険料じゃないんかなって思ったけどどうなんだろ。異世界へ転生出来るなら、死んだ瞬間に同じ世界に転生させてほしいよなぁ、異世界でオプションつけてってのが主流らしいので、第二の人生扱いなんでしょうか。

体内にアプリを入れてるから感情ぶれても平気、常駐アプリの個数制限もあっていずれは感情制御アプリを外して戦う展開もあるのかなぁ。

六人の上の人らは良い人らでした(つД`)ノ

言葉が分からなくても繋がっていく仲間意識が出てきそうな所でお別れは辛いです。

道中のRPGみたいな噴水部屋は聖域で敵は不可侵だったりと好きな要素が多いです。

シナモリ アキラ(品森 晶)が主人公の名前なんですがハンドルネームかい!って思ったけど、それが伏線になってて好きです。ネット社会で実名は危ないもんねぇ。

アズーリアは一章では明言されてないけど、女性ですよね。アキラが息を飲んだシーンがアズーリア視点であったので相当な美人さんなんだろうね。

ボスを倒した後にアキラが置いてかれてしまって、「この約束が果たされるのは、約31,536,000秒も経過した時のこと。」と何やら悲しい文があって、再会はどうなるんだろうか。今度は敵対したりして、とか考えてみた。

下の残ってる人ら?もボス感が良いし強者感があって好き。

サイバネティクスな腕とアプリとサイバーカラテ

呪術と異世界ものと面白い要素しかないので、今後も読んで行こうと面白います。

(第二章は読了済み)

推敲なしの文章だから、今後はちゃんと書くようにします。

つづき書いたよ^o^ http://junetan.hatenadiary.com/entry/2014/09/19/012417